sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

メキシコ ティファナ行き 準備 

スポンサーリンク

今年行ったベトナムホーチミンの記事を先に書こうと思ったが、

2017年8月終わりにメキシコのティファナに行った情報を記憶が薄れてしまう前に備忘録として記します。(すでに詳細は忘れてるけど。。)

 きっかけ

この時、カルフォルニアのコスタメサに友人が住んでいて、遊びに行こう!と決めたのが事の発端。コスタメサはLAから南へ車で1時間半ぐらいの場所(LAと国境のサンディエゴの丁度中間)にあり、アメリカのドラマ「オレンジカウンティー」の舞台となったニューポートビーチもあるなかなかハイソな地域でもある。

アメリカの風俗は高い&厳しいのは何回か行ってるので知っており、ここまで来たらどこかいい場所ないか?とアンテナを張ったところ、前々から話には聞いていたメキシコのティファナにトライするか、と決定。

f:id:xshu:20191016210754j:plain

お金持ちばかりのニューポートビーチ

 

 

 

目的

  • ゴーゴーに行き中米の嬢を確認
  • メキシコとアメリカの国境の壁を見に行く(当時トランプ大統領が壁の件についてさんざん言及していたので
  • シーザーサラダを食べる(ティファナのシーザーズホテルが発祥と言われている)

 

どうやっていく?

今回はロサンゼルス空港からコスタメサまでウーバー。(1万円ぐらい)

コスタメサから国境まではウーバーだと金が尽きるので近くのサンタアナからアムトラックでサンディエゴまでいくことにした。ちなみにコスタメサはディズニーランドも近いから家族連れにもおすすめ。

 

どこに泊まる?

今回ティファナ滞在はアメリカ西海岸滞在10泊の旅行のうち、3泊4日なのでどこでもいいやと思いhong kong clubの上のhotel cascadas、いわゆる連れ込み部屋をホームページから予約。なんにせよ3泊のプランなのでhotel cascadasは観光としての立地は悪くないし、何回もタダで嬢を連れ込めるし、窓がなくてもトイレとシャワーがあればいいやと考え予約した。しかし、現地に行ってあとあと間違った判断と気付く。

 

ティファナ前評判

コスタメサに住む友人に色々人を紹介してもらいアメリカ人5人ぐらいに話を聞いたら「あそこはクレイジーだ」「気をつけろよ」「俺はいく気にならないね」と言うご意見をいただいた。

しかし、そっち系のことが好きな現地日本人に話を聞くと、「あそこ行ったらHong Kong clubに行かなきゃ行く意味がない」だの、「国境超えたらケツ文化だからケツを楽しめ」とか、ご意見を頂いた。

この人種によるご意見の偏りはなんなんだ?と思いつつ、まぁ行くこと自体を止められないからそれなりのコスパ、治安、質がバランスの取れてる地域なんだなと。

と言うことで安心して?気合い入れていくことに。

カルフォルニア コスタメサの風俗は?

エスコートとかは別としてコスタメサの風俗はアジア系の隠れマッサージが主流じゃないかな?ラスベガスでは韓国系マッサージ(ハメあり)一回行ったことあるけどここでは行っていない。

で、コスタメサで女の子と触れ合うにはフーターズベトナムカフェがある。女の子もみんなスタイル抜群、結構かわいいと言うか美味そう。

しかしベトナムカフェと聞くとご飯を食べさせてくれたり状況によってホテルに来てくれる、など連想しがちだが甘い考えは捨てた方がいい。

店はノンアルコール、ひたすら、露出の高い衣装を着たベトナム系の嬢とコーラ飲みながら話すだけである。もちろん英語で話すが相手は完全ネイティブなのでXの語学力では全然楽しめなかった。

ドイツFKKで楽しむための準備として東京で7年間英語学校に週一回通ったのだがそれも虚しく。。。

バンコクを楽しむためにタイ語学校に週一で半年通い、この15年で60回以上訪タイしたが学校週1回通うより現地へ1週間の旅行で60回以上行った方が結果的に実用性があるとしみじみ思った。ああ無情。。。

そう考えると風俗のために学校代、旅行代にいくらコストかけたのか若干怖くなるな。。まあ人生の授業料だな。

 

と言うことで次回からは陸路で国境を超える様子とティファナのゴーゴーについて!

 

airland.hatenablog.com

 

天使の楽園、ドイツFKKネタはこちら

airland.hatenablog.com

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加