sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告

バンコクで出会った嬢を日本に召喚しよう

Xがまだ若かりし頃、バンコクのゴーゴーバーで親密になった嬢がいたとしても現地でしか会うことができなかったが、最近は呼び寄せてしまえば全て事が済む。かなり時代の変化を感じる今日この頃である。

表題はXのここ数年の遊び方である。この遊び方を採用するに至った経緯を説明しよう。

f:id:xshu:20191108203558j:plain

魔のナナプラザ 入り口付近

 

 

Xの若かりし頃、齢にして20代半ば。バンコクにハマったXはナナプラザのレインボーの特定の嬢と親密になった。まだ若いので当然、帰国後も毎日電話したりしてコミュニケーションをとりたがる年頃だ。しかし、まだスカイプなんて洒落たものはなく電話するにも国際電話が高いのでコンビニでプリペイドを買っていた時代。コンビニ詣でを繰り返す日々を送るが金がかかってしょうがない。仕事も忙しくバンコクに行くため1週間程度まとまって休みが取れるのは年2回。これは埒が明かないぜ! とこの状況を打破するべく、

嬢をこっちに旅行で来させればいいじゃん!と安易に考えた20代のX。

そしてすぐに行動に移す。

しかしながら現実は甘くなかった。ビザが必要だとわかったXが外務省のホームページを見ると招聘人だとか身元引受人だとか裁判のドラマでしか見たことないような、おどろおどろしい文字が並んでいる。読んでも意味不明だ。次にXがとった行動は、勤務先の人にお願いして外務省へ電話をかけてもらい、どうすればゴーゴー嬢を日本に呼べるか、を確認してもらった。しかしながらその会社の人の説明を聞いてもよくわからず。ふーん、そうですか、ありがとうございます、と答えただけで、とりあえず面倒なんだな。ということは分かったのでサクッと諦めた。

 

今振り返ると、ゴーゴー嬢にハマったアホな後輩のために親身になって外務省に電話をしてくれた優しい会社の先輩(女性)は今頃元気にしているだろうか。。

 

そこから約15年の月日が流れ、新宿あたりを歩いているとカー、カー、とかカップカップとか何やらなじみのある音を当然のように街中で耳にするようになった。

今から3年ほど前にこの変化に気が付いたXはタイ人が簡単に日本に来れるようになった事を知り、

じゃあ嬢をこっちに旅行で来させればいいじゃん!

と、もうおっさんなのに15年前と全く同じ事を思いつき、今度こそ実行することにしたのであった。

 

となると今度はコスト比較だ。この辺の緻密さは20代の若造の頃と違う。嬢に会いにバンコク行った場合と召喚した場合、どっちがお得なんだろう?

バンコクに行くコストの滞在費内訳はあくまで嬢をショートで毎日持ち帰って遊ぶという前提

 

自ら現地に行く、嬢を召喚する場合のコスト比較

 

金銭的コスト

自分がバンコクに5泊で行く場合
  • 飛行機代7万円
  • ホテル代3万円(一泊6000円)
  • 現地滞在費12万円(一泊当たり2.4万)
  • 日本の空港までにかかるコスト1万円(食費、交通費など)

合計:23万

LCC活用、ホテルのグレード選びにより変動する) 

嬢を3泊4日で召喚した場合
  • 飛行機代LCC4万円
  • ホテル滞在費2万4000円(Xは一緒に泊まらないので一泊8000円)
  • 日本でのデート費用4万円(一泊あたり13000円)
  • お小遣い3万円(Xが仕事中の昼間の暇潰しやお土産代の用途で1日あたり1万円)

合計:13万4000円(当然LCC一択。デート費用、お小遣いなどは削減可)

 

差額:9万6000円(召喚する方が安い)

 

金銭以外のメリット・デメリット

自分がバンコクに5泊で行く場合

メリット

  • 昼から酒飲める
  • 非日常、南国の雰囲気を楽しむ
  • 嬢を選び放題

デメリット

  • 上司に1週間休暇取るためのネゴシエーション必要
  • 休暇中の自分の仕事に対し段取り調整必要
  • 移動がめんどくさい&疲れる 
嬢を3泊4日で召喚した場合

メリット

  • 夜だけ会えば旅行による仕事調整がないので日常の範疇として嬢との時間を楽しめる。
  • 移動疲れがない。(バンコク迄の往復移動でなんだかんだ20時間は使うはず)

デメリット

  • 一人の嬢に絞られるので飽きる

  

金銭以外のメリット・デメリット比較は人によってかなり変数があるが、金銭的なコストで見ると召喚した方がパフォーマンスが高いのは自明の理。今まで5回ぐらい嬢を召喚したが別途1日当たりのお手当てをせがまれた事はないので(心づけとしてお小遣3万円渡してるので)これでいけると思う。3泊4日の嬢へのチップをある意味時間無制限でお小遣い3万円(8300B)と考えれば格安。

嬢の旅行コストを負担することは、自分がバンコク行く場合のコストを考えれば相殺と言うか、お釣りがくる状態なのでここでもプラス。何なら嬢の滞在期間を4泊5日で設定してもお釣りがくる。また、移動時間と旅疲れがないのも大きなメリット。

 

上記の通り、Xの偏った価値観から言わせていただくと、召喚した方がお得なのは明白である。現地でお気に入り嬢を見つけた方はぜひ日本に召喚して遊ぼう!

※ただし、航空券代含め、金銭のやり取りは日本に着いてから払う条件に設定しよう。金振り込んで音信不通、とか間抜けなことにならないように細心の注意を。

 

続く。

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ランキングボタン押してね🤗