sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

2018 ドイツ FKK-MAINHATTAN 2回目 フランクフルト3日目(後半)

多少の無茶があったがケルンでの目的は達成しフランクフルトへ帰ってきた。

今日はどこに行こうかと考えるがもう時間も遅いし、新規FKKは別日に行くとして、昨日行ったパレスとマインハッタンのどちらかがいいな。と全体的な嬢のレベルを勘案しマインハッタン一択。と言うことで早くも2回目のマインハッタンに行くことを決めた。

 

f:id:xshu:20191121181237j:plain

マインハッタンでなくマンハッタンホテル

 

今日はどんな感じの子がいるかなーと楽しみにしながらタクシーを呼ぶ。ちなみにXは基本的に移動には金は掛ける方だ。旅行の目的が目的なだけに歩いて疲れたりしたら目的達成に支障が出る。しかし移動に金を掛ける代わりに食事には金を掛けない。バンコクにいても基本コンビニ弁当か安い食堂で清潔かどうかわからない食器で食事。日本にいてもコンビニ弁当とマカロニサラダが美味しくてしょうがないと言う雑食系であり食費が安いと言うかほとんどかからないので、その分をタクシーなどの移動費に当てることが多い。

f:id:xshu:20191121182541j:plain

つい最近のXの夜ご飯。マルの部分はMDMAのエリカ嬢


 

と言うことでこの度2回目のマインハッタン詣。初日にフロントにいたおばさんに君は初めてか?と聞かれ2回目だから大丈夫だよ、と言うとオーケー、と言われ金を払う。Xはバスローブ必須なのでバスローブを注文。6分の1と4分の1にカットした2サイズのカマグラをポケットに入れておこう。それと、前回のマインハッタンの記事で書き忘れたが、入店時に店内を歩き回るサンダルのサイズを聞かれるので41、42あたりでテキトーに注文すれば日本人はだいたい大丈夫だろう。気になる人は ヨーロッパ 靴のサイズ、とかで検索してくれればOK。

 

と言うことでシャワーを浴び、2回目ながら勝手知ったる常連のような顔でカウンターでビールを注文、嬢を物色。マインハッタンの庭は流石に9月上旬のこの時期でも夜は肌寒い&狭いのでほとんど人はいなく、狭い店内でうろうろ。

シャークス、ワールドなど他のFKKは店外(庭)がとても広い。都心店と郊外店の違いではあるだろう。後日、別の記事でアップするFKKシャークスでは夜に外のカバナでブラジル人と外で青◯したのだが9月上旬で寒くてしょうがなかった。

 

FKKワールドの記事はこちら。すごくまったりしていていい場所だ。下記リンクは2019年5月末の備忘録。

airland.hatenablog.com

 

ビールを飲みながら色々な嬢と話していると遠目に一戦終わって帰ってきた嬢がカウンターに座った。

遠目に見てもこれは何か違う、と思えるようなスーパー美人、いや天使か。例えばこんな感じ

matome.naver.jp

誤解を招く表現は書きたくないが、英会話を学ぶためカフェでスーパー美人、ヨーロッパ系の複雑なオリジンを持つアメリカ人を見つけレッスンをお願いしていた。この先生も見とれるほど美人であったが申し訳ない、

純度が違う。

民族に関してあまり意識したことなかったXだが、これはアジアの負けだ、と1秒で合点が行く降伏レベル。先の大戦でドイツはよくこんな美人を擁する国に悪い事をしたものだ。

と言うことで間違いなく高回転率を誇る彼女。このチャンスを逃したら終わるので帰ってきた瞬間にハーイ!と話しかける。アジア人相手の会話もこなれた感じ(マインハッタンの客はアジア人多い)

話を初めて3分ぐらいでちょっと待って、トイレ行ってくる。と席を離れシデグラを口に含む。この嬢は外す訳にいかない。念には念を入れ6分の1ではなく4分の1に割った大きいほうの錠剤を口に含んだまま席に戻りビールで体内チャージ。

準備完了。

店に来てすぐに飯食いに行かなくてよかった。即断即決がゲームのキモになる今回の遊びの場合、空腹であり続けることは大切である。常に世の中はストイックであり続ける者が勝者になる。

理由は下記リンク参照してね。

airland.hatenablog.com

 

FKKの前評判をネットで調べていて風俗ナンバーワンとは聞いていたがこの嬢を見て

  • 腹に落ちる
  • 腑に落ちる
  • 合点がいく
  • 身に沁みてわかる
  • 目からウロコが落ちる

などその情報に対し同意する、と言う意味のありとあらゆる表現が頭をよぎる。この瞬間から東南アジアの風俗に行く理由があるのかを考え始めた。(今も行ってるけど)

タイは若いうちに行け!といしだ壱成が20年ぐらい前に言っていたが、失礼ながら完全にミスリードだ。そのミスリードのおかげで何万人の若者が遠い種族と出会う機会を失ってしまったのではないか。タイに行ってる場合ではない。自分探しの旅と称して世界に行く若者はたくさんいるが、自分探しの旅はFKKで十分だ。自分を探すより天使を探せ。

 

そして自分を顧みると事前準備と称して6年も英語の勉強してる場合でなく、なんでもいいからまずはFKKに行けば良かった!と思える瞬間でもあった。

考えるより先に動け。百聞は一見に如かず。

とはよく言ったものだ。

 

と、偏ったことを書いてしまって申し訳ないが結局のところ、その嬢は顔・スタイル良し、質感良し、リップサービス(どっちも)良し。エロ本の表紙に登場するレベルの天使が100ユーロである。悪いがこの天使相手に50ユーロの選択肢は思い浮かばない。

 

そして部屋に入り試合開始

X:すげー美人だね。FKKは週何回くるの?

天使:週4回ぐらいかな。あなたは初めて?

X:ここは2回目だよ。君は長いの?

天使:3ヶ月ぐらいかな

X:OK、こっち来て。ロマンチックバージョンでよろしくね

天使:任せといて。横に寝てみて。口は好き?

X:嫌いな奴は聞いたことないよ。やってみて

天使:ooh!ユーはストロング!

Xの心の中:ふふふ。シデグラをチャージ済みのXに怖いものはない。

 

そんな流れの中、本試合開始。しかしながら連戦の疲れからか逝きが遅い。通常だと逝かなくなると集中力が切れ、動かす事自体がめんどくさくなるのだが相手が天使レベルになると見てるだけで幸せなので全く苦にならずネチネチ楽しむ。

すると。

天使から、あと3分ね。と突然カップラーメン宣告をされる。

この言葉を聞く前はクラウドナインに居たXは現実に引き戻され、この天使相手に逝かないと言う結果はXの人生における失態と言う他ない、と判断し集中力マックス。多分そこから40秒ぐらいで終了。

 

そんな感じでXは3日目にして本当のFKKの魅力にハマってしまったのであった。

下のリンクの女の子たちが少し不良になった感じの嬢を期待してよい。(運もあるけどね)

 

matome.naver.jp

 

 終わってから天使と一緒に部屋を出てロッカールームでチップを渡す。

この後、余韻に浸りながらホールでビールを何杯が飲み干し、マンハッタンホテルに帰って翌日以降のウィーン旅行のためパッキングして就寝。

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

この旅でのマインハッタン再訪記事はこちら。昼間のFKKレポ。

airland.hatenablog.com

 

翌日のXの行動はこちら。ウィーンに行くよ。

airland.hatenablog.com

 

FKKシャークスの肉食オールスターズとの戦いはこちら

airland.hatenablog.com

東南アジア遊びが懐かしい人はこちら

airland.hatenablog.com