sekaiの違い

旅行中心にその他調べ物のご報告


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村

バンコク旅行 2020 準備 緻密な計画を立てよう

年末年始は中国・ハルビンで過ごし日本に帰ってきた。ハルビンは異常に寒く、その反動で暖かい所に行こうとバンコクへ行ってみた。

f:id:xshu:20200130135952j:plain

やたら活気があるように見えたキングキャッスル1

きっかけ

2020年1月2日に中国のハルビンから帰国し、あまりの気温差に日本は暖かい、春の訪れはもうすぐだ、と勘違いしたXはウラジオストクもすぐに暖かくなるだろうとウラジオ行き航空券を検索していた。しかしよくよく考えてみるとウラジオもハルビンよりはマシだとしてもまだ寒いことに気づき、軽くバンコク行きをスカイスキャナーで検索。1月15日からの日程で往復28000円である。安い。昔懐かしいバンコクを思い出したXはウラジオはまだ寒いし中途半端なので夏の国にしよう、とついアルコールの力を借りて勢いで予約。往路はタイ・ライオンエア、復路はスクートである。

バンコクは2018年2月以来行っておらず現在2020年1月なので約2年ぶりの訪タイである。前回2018年2月にバンコク行った10日間の旅行では、ベトナムから3泊で嬢を呼び寄せ、日本から別日3泊で嬢を呼び寄せ、他の日はロシア置屋に行き、当然残りの日は現地のタイ人嬢の調達も行い国籍ハットトリック+1を達成してインターナショナル感を出していたのはつかの間、その旅行の後に初めて行ったドイツFKKに衝撃を受けバンコク割高論者になり足が遠のいていた。金髪美女のドイツFKK旅行記はこちら

2018 ドイツ FKK-MAINHATTAN 2回目 フランクフルト3日目(後半) - sekaiの違い

f:id:xshu:20191108203558j:plain

ナナプラザ

しかしながら2年間もバンコクに行かなかったのはXが23歳からバンコク詣を始めて以来、初めてである。(最長ブランクは6ヶ月)この2年間のブランクを埋めるべく、最新の暗黒事情をインプットするべく、ウラジオ行きの選択肢を捨てバンコク行きエアチケットを予約した。

ミッション

  1. カマグラ(シデグラ)・シアリスジェネリックの価格を調べ最安購入する
  2. 久しぶりにテーメーカフェに行く
  3. 久しぶりにMPに行く
  4. 久しぶりに立ちんぼに声かけて市場の状況を確認する
  5. ティンダーで市場の状況を確認する
  6. 新宿のタイパブ嬢とデートする

と、ハルビンから帰ってバンコクやる事リストを作成しようと自分の興味を書き出してみると気がついたら暗黒目的のみで文化的なことが何も入ってないではないか。

今までベトナム行くにも韓国に行くにも必ず歴史、文化的な目的が入っていたのだが今回の目的は全部真っ黒だ。爽やかハルピン旅行の直後で致し方ない面もあるが幾ら不惑の40とは言え欲望にストレート過ぎ、惑わされなさ過ぎである為、以下免罪符を追加。

  • 行ったことのないサウナ(普通の)に行く
  • スネークファームで予防注射を打つ

という特段、文化的でもないが真っ黒でもない項目を2つばかり追加した。

ちなみに新宿タイパブ嬢とのデート、はXの行きつけである新宿のタイ人パブで働くタイ人嬢が帰省でたまたまバンコクにいるという情報をゲットした為、急遽予定に組み込んだ。

どこに泊まる?

一瞬、初心に帰りXが初めてバンコクに行った時に泊まった最強邪悪ホテルであるナナホテルにしようかと思ったが、結局スクンビットソイ2に位置するいつものロハスレジデンスを予約。ナナホテルはコンビニ、マック(Xはトリプルチーズバーガーが大好物)まで徒歩30秒、ナナプラザまで10歩、立ちんぼまで1歩というすべてにおいて好立地ではあるものの、必須条件である電子レンジが部屋にないので却下した。ロハスレジデンスに決定した経緯はもう新しい宿を探すこと自体がめんどくさい、という点、地理的、施設の設備的な部分でストレスなく過ごすには慣れた宿に越したことはない、という理由だ。ロハスレジデンスに関しては下記リンクで大雑把に解説しているのでチェックしてみてね。

airland.hatenablog.com 

 バンコク事前調査

移動手段

今回は約15年ぶりのドンムアン空港の利用である。スワンナプームができてからドンムアンは用無しになり、タイ行きのLCCは初めてということで今回利用するが懐かしい限りである。嬢にドンムアンまで見送りに来てもらっていた若かりし20代のXが懐かしい。市内へのアクセスを調べてみると電車は通っていないようなので市内への移動はタクシーで決定。

事前アプリダウンロード

タクシーを使う場面ではグラブで用が足りるため特に新たにダウンロードは無し。しかしながらタクシーやバイタクとの値段交渉も久しぶりなのであの理不尽さを楽しもうとグラブはなるべく使わないようにと意思決定。

 荷物

帰りの機内泊を合わせて4泊なのでTシャツ・パンツ4枚・靴下各4セット。ホテルでシャワーの時に汚れ物を洗濯して各3枚でもいいと思ったが、洗濯するのを忘れたりすると夜の邪悪活動において支障が出るのでそれぞれ+1。その他に ガシェット関係と洗面系(化粧水、クリーム、整髪料など)をミレークーラ30にブチ込み合計5キロ。

今回、行きの航空会社はタイ・ライオンエアである。(帰りはスクート)調べてみると機内持ち込みは7キロまで、かつ3辺の合計が90センチ以内という稀に見る極悪条件で、ミレーのクーラ30を使用すると重さは別としてサイズがオーバーだと気づく。この下のサイズ感でXが持っているバックパックは最近買ったミステリーランチのin&outである。(これだと90センチに収まる)このバックパックはおそらく軽量(400g)・パッカブルのジャンルのバックパックでは町歩き用なら最強バックパックだ。パッカブルにしては値段が高いので購入するのに躊躇したが、一週間ぐらい気になって眠れない日が続いた為購入してしまった。

こちらに詰め替えてみたがギリギリ入る感じだが途中の免税でタバコとか買ったらアウトだ。手に荷物を持つのが大嫌いなXはしょうがないので追加料金覚悟、イチかバチかでミレーのクーラ30で行くことに決定。

各種風俗

MP(ソープ)、ゴーゴー、テーメー、立ちんぼ、ロシア、タニヤ、など旅行者向けの施設が色々あるが今回はMPとテーメーがコスパが最も高いだろうと判断したものの、色々ネットで調べてみる。MPはスーパーアジアンビューティー嬢のいるロードパレスが閉店し(2年前に行った時は閉まってて現在は未確認)ナタリーなんかはとうの昔に閉店している。何が一番なのだろうか。色々悩んだが、そもそもとりあえず行ってみて最新情報をゲットすることも目的の一つなので各所に行ってみて判断することにした。

そんなこんなで2020年1月のバンコク旅行スタート!

※通常、このブログは旅行記形式でアップしているが、今回はこの旅行での昼間の暇つぶしミッションに関連するトピックスを先に掲載し、追ってナイトライフを絡めたいつものくだらない旅行記をアップしていく。

※もし記事がよかったと思ったら はてなブックマーク or ブログ村ランキングボタン押してね🤗

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコクホテル、ルーフトップバーのおすすめ記事はこちら。

airland.hatenablog.com

airland.hatenablog.com

気が向いたらタイ人嬢を日本に召喚しよう

airland.hatenablog.com

 

マニラLAカフェとPLAN-Bもどうせなら。

airland.hatenablog.com